恋愛と美容の関係|科学的な関連は存在するのか!?

恋愛と美容の関係って知っていますか?恋愛は最高の美容液と言われていて、科学で効果を実証しています。恋愛ホルモンによりキレイになる事が出来ると言われています。昔から恋は大事って言われていましたよ。科学的にも実証出来た恋愛ホルモンについて今回は紹介していきます。

恋をすると分泌されるのが恋愛ホルモンです。恋愛をしているだけでそれだけで、女性の毎日は今までと変わると言われています。実際に新作のコスメやファッションに敏感になる、鏡の前でじっくりと時間をかけて化粧をしたり、パックやエステなどに通うという事を日常で無理して行っているという人も多いと思います。

恋をすると綺麗になると言われていますが、それは本当ですもちろん彼に愛されたいと感じることにより化粧やスタイルに気を配ったり、恋をすると体の内側から綺麗になるという仕組みがあります。

恋愛ホルモンという言葉を耳にしたことがあるという人も多いと思います。ホルモンは色々ありますが、フェニルエチルアミン、エストロゲン、ドーパミン、オキシトシンですが、これらを恋愛ホルモンと言います。

フェニルエチルアミンの効果については、恋の病の正体ともいわれています。チョコレートやココア、チーズなどに含まれる香りの成分で、消化を促進し、ウエストをキュッと引き締める働きがあります。チョコレートを口の中で溶かすとやる気物質などで気持ちを上向きにさせる作用があります。この上向きが恋を時に盲目にさせてしまったり、許されない濃いほど多く分泌されると言われています。
エストロゲンの効果は具体的には、ウエストがくびれる、肌のきめが細やかになる、色白になるというキレイの変化があります。恋愛感情が生まれて一ヶ月ほどで、体に変化が現れると言われてい増し。しかし、ストレスがかかって分泌が減ってしまいますので、辛い恋をしないようにしましょう。

ドーパミンの効果は良い恋をしている時に、多量に分泌されて、相手を喜ばせようと努力をしたり、自分自身もウキウキしてデート前での身支度に気合が入ります。興奮状態を起こされるので、交感神経が刺激されて瞳孔が大きくなり、目力アップ、頬もピンクになり、姿勢もよくなると言われています。加齢により減少してしまうホルモンですが、恋愛は有効な手段と言えます。

http://xn--10-g73av61mhda11gy8jb46acyvqd0d322a.xyz/

オキシトシンの効果は、性的刺激により多量に分泌されることもわかっていて、彼に対しても性的関係をもった後のほうが多く分泌されて、より愛を感じる事が出来ます。オキシトシンの分泌により、心地いい、安心という気持ちがもたらされてドーパミンの分泌に大きく関係しています。彼とセックスしたいという欲求もうまれ、無意識にしぐさや振る舞いも女性らしくなります。

何よりも沢山のホルモンの効果によりキレイになれます。絶対愛の感情については、オキシトシンから生まれると言われていて、恋する女性を綺麗にする4つのホルモンで、ホルモンの働きにより女性は綺麗になる事が出来ると言われています。