界面活性剤の害を真剣に考える!

界面活性剤の害ってしっていますか?実際に知っているけど、どのような害があるのか真剣になることは少ないと思いますが、今回は、界面活性剤について詳しく調べてみたので参考にしてみてくださいね。
界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせる働きを持っている物質の事となっています。私たちの身体の中でも存在しているものなので、必ず悪いという事ではありません。
界面活性剤には、自然界に存在する天然界面活性剤と石油などの原料で人工的に作られている合成界面活性剤があります。
洗浄、起泡、乳化、保湿などの作用があり、多くの日用品や化粧品に使われています。問題となっているのは、高い毒素、高い浸透性、高い残留性です。
身体に悪影響を及ぼして、下水処理でも分解、除去できないと言われているので、海や川も汚染する原因の一つになっています。
実際に合成界面活性剤と言っても、種類が2000種類~3000種類程度あり、洗剤だけでなく、食品や薬、化粧品などにも使われています。実際に身近にあるものに使用されているのです。
界面活性剤の機能として、洗剤や洗顔、シャンプーなどに使われている汚れを落とす事が出来る洗浄作用があります。また、泡立つの良い起泡作用のものもあります。
合成界面活性剤の害についてですが、混じり合わない物質を化合する性質があるので、混じり合わずに層になっていた部分を化合してしまいます。人間の皮膚は、皮脂膜で有害な物質から肌を守るようにできているのですが、界面活性剤は皮膚膜や角質層をくぐり抜けて、体内に侵入する事が出来ます。血液にも侵入して血管を通って身体全体に広がっていくのです。
例をあげますが、食器に残っている洗剤は食べ物と一緒に体内に入ってしまいますし、衣類についている洗剤は空気中の水分や汗に溶けて体内に入ってしまうのです。部屋にスプレーした消臭剤などは、口や鼻から体内に入っていきます。
また、タンパク質を壊してしまい、体内に吸収することにより肝臓でも分解する事が出来ず、肝臓の細胞を破壊してしまうと言われているので、肝臓障害や発がんを引き起こしてしまう可能性があると言われています。
更に、顔や手を洗った時に、いつまでもヌルヌル感が残ってしまうこともあり、様々な影響を及ぼしてしまうという事が挙げられています。
実際に必要なものでもありますが、害となってしまう事もあります。何よりも肝臓症害や発がんなどの恐れも害として挙げられることが出来ますので、きちんと考える必要があります。
今の時代は、洗剤などに含まれていて、使って汚れを落とす事が当たり前になっていますが、普段の生活の中でも体内に入る可能性は大という事で注意が必要となってきます。
実際に、石鹸と洗剤がありますが、石鹸は天然界面活性剤と言えます。洗剤は、成分表示がある者もありますが、そのほとんどが合成洗剤と言えるのです。