液晶セラミドを配合したティモティア保水バリアクリームがアツい!

液晶セラミドを配合したティモティア保水バリアクリームってしっていますか?カサカサやチクチク、赤い肌を解消することが出来て、ハリとツヤのある肌に導いてくれるアイテムとなっています。今回は、保水バリアクリームについて紹介します。
乾燥に強い敏感肌用基礎化粧品のティモティア保水バリアクリームは、肌のストレスを解消することができて、髪や洋服などが触れてもチクチクしない肌を目指す事ができて、ファンデーションのノリもよく快適な生活を手に入れる事が出来ます。
その秘密は、液晶セラミドが配合されていることです。セラミドは、保湿力が低いのですが、皮膚の一番外側の角層には、水分の蒸発を防いで、外部からの異物の侵入を防ぐバリア機能があります。
このバリア機能がない場合には、脱水症状と感染症で死んでしまいます。全身やけどを負うと命に関わると言われていますがそれは、熱でバリア機能が壊れてしまうからなのです。
このバリア機能は、角質の細胞と細胞を埋めるパテのような細胞間脂質が担っています。そして細胞間脂質の約半分はセラミドで出来ているのです。
セラミドの原液をそのまま肌に塗っても保湿感や守られているような感じはなく、正直にいうとグリセリンの方が保湿力が高いと言えますし、ワセリンの方が皮膚をしっかりバリアしてくれるのです。
セラミドに保湿力があるのは、液晶構造日ているからなのです。細胞間脂質に高い保湿力とバリア力があるのは、セラミドが多く含まれているという理由ではなく、構造に秘密があります。
細胞間脂質は単にセラミドが含まれている脂質というわけではなく、脂質と水が交互に層状になっているのです。これを液晶構造と言います。
細胞間脂質は液晶構造になって初めて、高い保湿力とバリア力を発揮する事が出来るのです。セラミドには欠点があり、水にも油にも溶けにくという事です。化粧品に溶かし込む際にも難しいと言われています。
むりやり乳液を使ったて高配合した場合でも、水中で大きなダマのようになります。溶けにくいというセラミドを水と細かい層状にして液晶構造にするのも難しいと言われています。
液晶構造になっていないセラミドをどれだけ高配合しても水分の蒸発を防ぐ事が出来ず、皮膚をバリアする事も難しいのです。
保湿バリアクリームは、水分をがっちり抱え込んだ液晶構造ヒト型セラミドが、角層にしっかり浸透して、潤いを守りながら肌を保護してくれるのです。そのために、しっとり感があり、メイクのノリのよく、ウールなどの洋服などを着てもチクチクしない状態で、オシャレも楽しむ事が出来ますし、肌にも自信を持つことが出来ます。